施術例

施術例

お尻と太ももの境目 お尻のたるみ|下半身太りの原因 [下半身太りの原因]

画像(180x115)・拡大画像(450x288)

まず、お尻と太ももの境目の部分のお肉、実はお尻です。近いところで言えば、胸のまわりのお肉が実は胸と同じだと思ってください。
お尻のたれた部分が太ももまで下がったことによって、お尻と太ももの境目にお肉がついたよう見えるのです。
また、この部分は代謝が低く冷えやすいので、このたれた部分にさらに脂肪が溜まり大きくさせます。太ももとお尻の境目は、お尻がたれた上に脂肪がついたと考えるのが分かりやすいかと思います。続きを読む >>

Up Date:2015年06月06日(土) by 管理者 at 10時29分   パーマリンク

内股 太もも 股関節 大転子のねじれ|下半身太りの原因 [下半身太りの原因]

画像(180x115)・拡大画像(450x288)

内股により骨盤が広がったことで、下半身はバランスを取ろうとするために、股関節を中心に内側に捻れます。
この時、ふとももの骨(大腿骨)は左の図のように、正常な位置から外側にズレます。これにより、骨盤の横の出っ張りである大転子が張りがすのです。
さらに太ももは股関節を軸に内側にねじれるので、膝小僧が正面を向かず内まき膝の状態になります。続きを読む >>

Up Date:2015年04月29日(水) by 管理者 at 12時04分   パーマリンク

内股座り 大転子のゆがみ 脂肪のつき方|下半身太りの原因 [下半身太りの原因]

画像(180x122)・拡大画像(441x301)

女性の方の多くは無意識だと思うのですが、内またで座りがちです。
内またで座ると下半身はどのようにゆがんでしまうのかについてお話します。
内またで座った場合、太ももは内側にねじれ、骨盤は外側に広がり、大転子(骨盤の横のでっぱり)が張り出します。
これは立っているときの内またと同じ状態ですので、O脚や下半身を大きくする原因になります。続きを読む >>

Up Date:2015年04月27日(月) by 管理者 at 12時22分   パーマリンク

内股 骨盤の広がり・ゆがみ|下半身太りの原因 [下半身太りの原因]

画像(180x115)・拡大画像(450x288)

内股の方の場合、骨盤は後ろ側が広がるような形のゆがみになります。この時、左右の寛骨は仙腸関節に対して外側に広がるような動きをするのですが、その際に真ん中にある仙骨が寛骨の動きに合わせ、後ろに下がる(浮き上がる)ように動きます。
この2つの動きが仙腸関節上で起こり、結果全体的に円周が大きくなるので、骨盤が大きく広がった様な状態になります。続きを読む >>

Up Date: by 管理者 at 12時19分   パーマリンク

ページのトップへ ページのトップへ