施術例

施術例

太ももの外側 筋肉のふくらみ|太ももがふとくなる原因 [太もも・ふくらはぎが太くなる原因]

画像(180x115)・拡大画像(450x288)

太ももの外側にお肉が付いてしまうのは、3つのプロセスでおこります。
●骨盤のゆがみにより股関節がズレ、骨盤の横の出っ張り(大転子)が外側に張り出し、太ももの骨自体も外側に傾きます。
    ↓
●太もも外側にある筋肉が、傾いた骨をこれ以上外側に傾けないように支えるため、筋肉には常に力が入り緊張した状態になり、筋肉は外側に膨らんだ格好になります。
     ↓
●太ももの外側が硬く緊張したことで代謝が下がり、脂肪の燃焼率が下がります。
また、筋肉のポンプ作用も低下するので、さらにその部分のムクミが解消されず、脂肪と結合してセルライトになることでさらに膨らんだ状態になります。続きを読む >>

Up Date:2015年04月27日(月) by 管理者 at 12時31分   パーマリンク

太ももの裏側 セルライト|太ももがふとくなる原因 [太もも・ふくらはぎが太くなる原因]

画像(180x115)・拡大画像(450x288)

太ももの裏にセルライトがつきやすいのは、骨盤の歪みよって引き起こされる2つことに起因します。
@骨盤が歪んだことで股関節のずれが起こり、正しく脚が使えないから。
A骨盤が歪んだことで坐骨の位置がズレ、太ももの裏の筋肉にストレスがかかるから。
@ですが、これは「骨盤が歪むと股関節も必ず歪む」という特徴に起因します。
これは、体のバランスを正常に保とうとするために、股関節の位置がずれ、ゆがんだ骨盤を支えようとするからです。このとき、ずれた股関節の可動域は狭くなります。そのため歩くや走るなどの動作のときに、根本的に動きが制限されます。続きを読む >>

Up Date: by 管理者 at 12時27分   パーマリンク

内もものたるみ|太ももがふとくなる原因 [太もも・ふくらはぎが太くなる原因]

画像(180x115)・拡大画像(450x288)

太ももの中でも、内ももだけは前側や外側と違ってタプタプとたるんでいます。
それは他の部分に比べ、内ももだけに顕著に起こる状態に起因します。ここではその原因についてお話しします。
まずタプタプの部分ですが、一般的に脂肪のイメージが強いですよね。しかし実際にはほとんどが脂肪というより老廃物(むくみ)です。さらに、老廃物(むくみ)が溜まったことで、この部分の皮膚が伸びてしまっているので、よりたるんでいるように感じるのです。続きを読む >>

Up Date: by 管理者 at 12時26分   パーマリンク

内股 ふくらはぎ 膝下のゆがみ|ふくらはぎが太い原因 [太もも・ふくらはぎが太くなる原因]

画像(180x120)・拡大画像(450x300)

ふくらはぎの骨(脛骨・ひ骨)のゆがみ方は、非常に分かりにくい動きをします。
ここでは、分かりやすいように簡略化して説明していきます。
内股の状態ですと股関節や太ももの骨(大腿骨)は内側にねじれるような形でゆがみます。
その流れを引き継ぐように膝下の骨も図の様に内側にねじれるように歪みます。この時、膝寄りの部分では図のように外側に開くよう状態になります。続きを読む >>

Up Date: by 管理者 at 12時16分   パーマリンク

ページのトップへ ページのトップへ