輪郭美顔コース

施術例

Nさま ビフォーアフター [輪郭美顔コース]

画像(133x180)・拡大画像(388x523)

眼精疲労から眉を上下させる前頭筋や頭頂部の肌が縮むことによって、頬や口元の締まりがなくなっています。また、アゴと鎖骨の間が長く見てとれますが、首の後が縮み短くなり、首の前側がアゴが上がっているため長く見えます。今後、表情筋がなくなるとアゴが下がり長くなってきますね。なおす >>

頭皮のコリをしっかりと緩め、目の周りに付着した顔のしこり(ゴリゴリ)を崩すことによって頬や口元の肌がしまり、リフトアップしました。記事全文>>

Up Date:2016年10月23日(日) by 管理者 at 15時00分   パーマリンク

Tさま ビフォーアフター 目の高さが違う [輪郭美顔コース]

画像(180x58)・拡大画像(640x208)

デスクワークでマウス操作をしていると利き目が右目になり、目とまゆ、頬骨が歪み、左側より高くなっていますね。眼球も眼圧が上がり、すこし前に出てきています。瞼が下垂しているので右目のほうが小さく見えますがストレスは右目の方にかかっています。右目だけゴルゴ、頬骨のでっぱり。なおす >>

デスクワークで目の疲労、前頭葉(おでこ、前頭部)の表情筋にストレスがかかっているのでよくほぐし、右目まわりの表情筋を動かす神経(こめかみ、側頭部)を緩めてから小鼻の付け根と頬骨一帯を緩めると目の大きさ、高さがそろってきました。顔の凝りが取れたので小顔と肌のキメも綺麗になっていますね。記事全文>>

Up Date:2016年10月21日(金) by 管理者 at 13時35分   パーマリンク

猫背になるとエラが張る、首を長くする方法 [顔が四角い エラ張り、食事の噛み方 ]

画像(160x180)・拡大画像(424x476)

背の姿勢になると首の後ろ側がつぶれて首や背が縮んでしまいます。このときかみ合わせは前歯側に隙間が出来て広がり、奥歯側は縮んでいるので噛みしめが慢性化します。
猫背でなくても首や肩が凝って筋肉にストレスがかかれば、同じように前歯はかみ合わなくなり、奥歯だけで噛みしめる癖が出てくるのでエラは自然と張ってきますね。マウスピースをしても猫背の姿勢や首や肩が凝りストレスを感じてしまえば噛みしめは続きますので意味がありません。なおす >>

画像(180x98)・拡大画像(613x335)

硬い床、硬い壁の後頭部をあて5分〜10分ほど寝てください。首の後ろが伸びると奥歯の噛みしめがなくなり、首の縮みが矯正されます。また、普段は首の後ろを伸ばすようにすると奥歯は噛みしめることが出来なくなります。
できるだけ顎があがった姿勢はなおしていきましょう。記事全文>>

画像(180x78)・拡大画像(597x262)

Up Date: by 管理者 at 11時43分   パーマリンク

頬骨出る、頬こける→エラが張る、目立つ [顔が四角い エラ張り、食事の噛み方 ]

画像(180x139)・拡大画像(599x463)

歯ぎしりや噛みしめが多いとそしゃく筋が発達してエラが張ってきますが、スマートフォンを見すぎて目を凝らす表情が多いと頬骨全体の表情筋が縮み頬がこけてきます。その際にいままで目立っていなかったアゴのラインが目立ち、エラが張って見えます。
20、30代の方は、スマートフォンを使う時間が長いため、頬骨が出ている方がすごく多いですね。デスクワークのお仕事をされていたら自力では戻らなくなるので気を付けてください。なおす >>

画像(180x139)・拡大画像(599x463)

右のくぼみラインをみると頬がふっくらしていませんが、左の正常ラインをみると頬ラインの影でエラがあまり目立ちません。まず、エラをほぐす前に頬骨の凝りをしっかりとほぐし緩めて頬のくぼみを直していきましょう。
普段から口角にひかない癖をつけると頬のくぼみが軽減します。その変わり唇の中央をひきしめ、うっすらと頬を膨らませましょう。
もちろん、スマートフォンの見すぎもよくないので控えめにし、緑ある場所で遠くを見て視界を変えてあげてください。記事全文>>

Up Date: by 管理者 at 11時41分   パーマリンク

目を凝らす 視力悪い 頬骨出てくる [頬骨ひっこめる、頬骨出てる]

画像(180x138)・拡大画像(601x464)

スマートフォンを見すぎると目が疲れ、頬骨が出てくるとお伝えしましたが、コンタクト、カラコンも長時間つけていると目の神経や表情筋が慢性的につかれ、目の周りにお肉、表情筋の凝りが集まってきますね。とくに頬骨やおでこの表情筋が縮みもどらなくなるので頬骨やおでこの骨がとび出て見えます。
カラコンも含め早い年齢からつけている方が多いので、頬骨やおでこはすぐには戻らなくなります。また、おでこと頬骨が縮んでいるので目、まぶたはつぶれ小さくなっている人が多いですね。なおす >>

画像(180x138)・拡大画像(601x464)

もちろん、メガネと併用してコンタクトの時間をすくなくしたり、コンタクトの度が合いすぎて見えすぎるのも目が疲れるのですこし落としてもいいですね。
デスクワークやスマートフォンを見ている人は、こめかみ、まぶた、おでこをよく冷やした後に表情筋をほぐしてください。繰り返し冷し⇔ほぐしを繰り返すと頬骨やおでこの縮んだ筋肉が平らになってくるのでケアされてみてください。続きを読む >>

Up Date:2016年10月20日(木) by 管理者 at 11時39分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ